高校時代からの友人の一人に「小学生の頃からダイエットをしている」人がいます。彼女は幼少期からぽっちゃり体型。なのに兄弟3人は痩せ体型だったそうです。

周りの兄弟が痩せている為に、親や親せきからは「心配だから」と太っていることを注意される日々。幼いながらも、その事に心を痛めていたそうです。ダイエット歴と失敗話はこれでもかと言うほど持っています。彼女の印象に残っている「ダイエットの失敗」は何か聞いてみると、記憶に新しい中で言うと「食べ合わせダイエット」だと言っていました。

食べ合わせダイエットとは、食べ物の組み合わせをよく考えて、摂取する栄養素をうまくコントロールさえできれば、例え高カロリーのメニューを食べても、太るどころか健康的に美しく痩せられ、痩せた後の体型の維持も容易になるという理論に基いたダイエット方法です。

食べ物を減らすのでは無く、足す事で痩せると話題になりました。

ご存知の方も多いかと思います。友人もテレビで見て「夢のようなダイエットが本当にあった!」とさっそく実践してみる事にしたそうです。

たまにしか食べる事を自分に許さなかった「ケーキ」すら抹茶豆乳を食べる前に飲めば食べれる!と1つ食べてしまうと、チョコレートも食べたい、アイスも食べたいと堰を切ったように食べ始めてしまったそうです。

彼女の話を聞き、食べ合わせダイエットはどちらかと言うと、ダイエットサポート的な方法なのだと思いました。彼女は太りすぎない様に日頃からある程度のダイエットを心掛けていた状態だったので、そんな彼女にとって、食べ合わせダイエットは「逃げ道」を与えられた事になったのです。

それなりに気を使っていた食生活がみるみる乱れれば、体重増加にすぐにつながりました。

彼女曰く、「心の奥底では、そんなうまい話はないってわかってたんだけど、新しいダイエットだから試してみるだけ。って悪魔にささやかれた」そうです。2週間で増えた体重は3か月かかって元に戻したとか。

食べ合わせダイエットは、日頃ダイエットはせず、好きなものを食べるだけ食べ、体重は気にしない様な生活をしている人には効果があるかも知れません。又、ダイエット中、どうしても高カロリーの物を食べたくなった時、やってみる価値のあるものだとも思います。

彼女も実体験からその事を良く理解し、甘いものを我慢しきれなくなった時に食べ合わせダイエットを利用していると言っていました。失敗は成功の元で、失敗の中からも学ぶことはあるものです。