精神が安定していないと、ついついストレスが溜まり、ストレス解消法が分からないままで居ると、食べてストレスを発散しようとしてしまいます。私は妊娠中どうしても「太っても構わないんだ!」と言う安心感が出てしまい(本当はそんなことはありません)、いつもは抑えられる食欲を抑えきれず、太ってしまいました。

産後は子供と1日中一緒にいたり、近所のママ友との関係や子育て、自分自身の今後に悩む事もあり、ストレスは溜まる一方。私のような主婦は珍しくないと思います。子育てはストレスと共にあると言っても良いでしょう。軽い食事制限をし、ダイエットをしても本腰が入りません。子供が小さい頃は、出掛ける事も億劫になってしまい、そんな私の楽しみは「おいしいものを食べる事」しかなくなってしまいました。

子供とお菓子を競い合って(奪い合って?)食べていたので、義母に「ママがお菓子食べちゃう!」と告げ口されていたり、幼稚園では「ママ取られるから、お菓子隠したんだ」と話している事を先生に聞かれ、笑われてしまったりする位、食べ物に執着していた時期もあったのです。

このままでは体にも気持ちにも良くないと思い、子育て以外の生きがいを探す事にしました。

体を動かす事が元々好きなので、本当はジムなどに通い鬱憤晴らし出来れば一番良いのですが、下の子がまだ小さいのでそうはいきません。

子供が歩けるようになってからは1日に2~3回散歩に出かけ、お金を使わず遊べる所に子供を連れまわす事で、多少ですが気持ちも晴れ、ストレスからドカ食いをすることもなくなりました。

子供の成長と共に少しずつ、自分の時間を持てるようになり始めると、本を読んだり、趣味の手芸をしたり、DVDを見たりと毎日が充実してくる頃にはダイエットをする気力も出てきたおかげで少しずつ体重も減り始めました。

食べ過ぎの原因にはストレスも大きいと思います。私はドカ食いをどうしても止められなかった時期にそう実感しました。かといって、子育てのように精神の「忍耐時期」の様なものは誰でもあると思います。そのような辛い時期に太ってしまっても、ダイエットに失敗してもあまり気にせず、その時を乗り切る事が大切だと思います。

そう思えるようになったのはつい最近ですが。当時は太っていく自分も嫌だったし、なのに食欲を抑えられない自分も嫌だった。私のようにストレスで太ってしまった方。まずはそのストレスの原因が早く無くなり、気持ちを向上させられる環境になる事が必要です。今の自分を責めすぎず、これ以上、ストレスを溜めないようにすることが現状の最善策なのでしょう。