友人がアロマオイルの勉強を始めました。アロマセラピスト目指し「検定を受ける!」と意気込んでいました。勉強を進めるうちに、グレープフルーツの香りの効果に魅せられ、グレープフルーツを使ったダイエットを始めたそうです。

グレープフルーツの香りは新陳代謝が活発になる作用があり、香り成分である「ヌートカトン」には、交感神経を活性化する事で脂肪燃焼を促進させる効果があるそうです。

交感神経が強く働くと、脂肪燃焼を促すUCPというたんぱく質が生み出されると言われています。つまり、「交感神経の働きが高まる」=「痩せやすい」という事になります。

さらに、もう一つの香り成分である「リモネン」には精神をリラックスさせて血行を促進させる効果があるため、「ヌートカトン」で交感神経が活発になることにより起こりがちな末梢の血行不良を解消してくれるのだそうです。

彼女は香りのみでなく、グレープフルーツを食事に組み入れダイエットを行っていました。朝食にグレープフルーツを半分とサラダ、それと豆乳か牛乳。昼食は好きなもの、夕食は朝食と同じような感じで。

アロマに無知な私でも、グレープフルーツの香りがダイエットに良いという程度の知識はありましたが、何が良いのか詳しく知ったのはその時が初めてでした。グレープフルーツに興味を持ち少し調べてみました。

痩せる効果があると言われている香りの成分のほとんどは果皮の部分にあり、グレープフルーツの成分の中にダイエット効果のあるものと言えば、苦み成分であるフラボノイドの一種「ナリンギン」があります。ナリンギンは食欲を抑えて少量の食事でも満腹感が得られる効果があると言われ、ダイエット中にありがちな空腹によるストレスの緩和に役立つそうです。

又、グレープフルーツの房の周りの白いふわふわした所には食物繊維たっぷりなので、その食物繊維ごと食べるようにすればダイエット中に起こりがちな便秘にも効果的です。

友人の朝食と夕食の内容が多少気にかかる事(ご飯やパンなどの炭水化物は必要だと感じました)もありましたが、自分が興味を持ったダイエット方は是非試してみたくなるものですよね?その気持ちはとても良くわかるので、彼女の経過を見守ることにしました。

1週間後、彼女からの飲み会のお誘いがあり、出掛ける事に。

グレープフルーツダイエットをかなりきっちりやっているのに効果が一つも出ないと言っていました。我慢して空腹も耐えているのに!と。飲み会にみんなを誘ったのはダイエットで溜まったストレスもあったようです。その時は特別だと言い、お酒も料理も好きなだけ食べて、飲んでいました。

その後もグレープフルーツダイエットを1週間ほど続けたようですが、効果が現れるどころか、甘い物も空腹も我慢しているのに体重が1kg増えたことで、大好きだったグレープフルーツさえも見るのも嫌になってしまったそうです。そこでグレープフルーツダイエットは終了。

ダイエット中とは言え、いつもお腹が空いている状態は良くなかったと思います。ストレスも溜まりますし、人間の体は空腹状態が続くと、生命の維持のため、次に食べた物をより吸収し脂肪として蓄えようとします。3食きちんとバランスよく食べることこそ、太らない方法だと私は思います。

それに、脂肪を燃やすための筋肉はたんぱく質をとらないと作られませんので、ダイエットだからとお肉や魚を無くしたり減らしたりすると筋肉が作られなくなります。停滞期とはまさにこれが原因です。上手にたんぱく質をとって体を動かして筋肉も適度についていると痩せやすくなるものです。

ただ、なんでも試してみる事には大賛成!それぞれのダイエットで得た経験と知識が成功の元になるのは確かだからです!