10代の頃、好きな男の子が出来たのをきっかけに始めたダイエット。少しでもきれいになりたいと言う気持ちばかり先行し、自分に厳しすぎるダイエットをしていました。

食事を少なくし、大好きなアイスやチョコレート、学校帰りの菓子パンも止め、家に帰るとエクササイズ。アラフォーになった今では、10代の女の子の恋するパワーは凄かったんだと、自分に感心してしまいます。

半年位はダイエットを頑張っていたと思います。体重も目標まで達成し、何より嬉しかったのが、太ももの間に出来た隙間。短めのスカートをはいても足が長く、綺麗に見える事に大満足!意中の男の子に振り向いて欲しい一心で頑張りきれました。

目標を達成してしまった後、今まで我慢してきた「アイスクリーム」が無性に恋しくなってしまい、ついに我慢できなくなってしまいました。

誰にと言うわけでもないのですが、罪悪感があり、コンビニで買ったアイスクリームを公園のブランコで食べましたのを覚えています。夕日の中、久々に食べたアイスクリームは、ずっと我慢してきただけに物凄く!おいしく感じたのをその時の景色と共に覚えています。

それがきっかけで、アイスクリームに対する反動がかなり大きく現れました。食後、お風呂上りのアイスクリームが日課になり、あっという間に体重が戻り、そして増加。なのに、1度食べ始めてしまったアイスクリームはもう止められませんでした。

20年近く経った今でもアイスクリームは大好きです。当時、公園で食べたアイスクリームは今でもロングセラー商品で良く見かけるものなので、見るとどうしても買ってしまいます。思い出がプラスされて、とても魅力的に見えてしまい、どうしても食べたくなってしまうのです。

ダイエットは今でも健康の為にもスタイルの為にも出来る事を無理なく行っています。アイスクリームと、今ではお酒も大好きなものに入ってしまい、この2つをずっと我慢する事は私にはもう不可能です。

そういう事で、私のダイエットは週休があります。土曜日はアイスもお酒も解禁です。ダイエット失敗から経験も増えました。私には「ゆとりあるダイエット」が合っているようです。「絶対○○しちゃダメ」はナシです。「絶対ダメ」は、20年経っても引きずってしまう程の衝撃がある事を失敗から学んだからです。

ダイエットをしていても、1日位好きな物を好きなだけ食べても大丈夫です。1日分ならすぐに挽回できるし、無理しすぎない事もダイエットには「絶対」必要です!