体の歪みは、長年の習慣によるものがほとんどです。日常生活で自然にやっている行動には、注意が必要です。歪みがあると、歪んだ動作が習慣化されてしまい、自然とクセとなって出てきます。そうなると更に歪みを悪化させてしまいます。

【骨盤の歪みの可能性10のチェック】

・横座りすると同じ方向に座ってしまう。
・肩の高さに左右差がある。
・脚の長さに差がある。
・脚を組んで椅子に座ってしまう。
・胸囲より腰周りの方が大きい。
・お尻にお肉が付いている。
・下半身のむくみが気になる。
・便秘・下痢になりやすい。
・生理痛がひどい又は生理不順。
・O脚・X脚だ。

私は全てにあてはまり、実際に整形外科に通い、仙腸関節のずれを治療してもらいました。ダイエットをしても下半身のむくみとぜい肉は取れないうえに、腰痛・生理痛が酷く、動くことが億劫になってしまう程でした。

【日常における正しい姿勢・動作例】

(1)電車などでは出来るだけ両手で吊り革を持ち、重心を両足にかけるようにします。

(2)椅子に座る時はバックを膝の上に置くなどして、足を組まない様にします。

(3)椅子の高さ調節が出来る場合は、椅子の位置を高くし、机と脚の間に余裕を作らない様にします。そうする事で足を伸ばし、揃えた座り方が出来ます。

(4)デスクワークが疲れた時は出来る限りこまめに休息を。首を鳴らしたりすると骨がずれると言われているので注意します。

(5)厚めのクッションをお尻の下に敷いて座り、両足をまっすぐ伸ばします。「横座り」「体育座り」をしないようにします。

(6)寝るときは「仰向け」が理想です。私は首をしっかり支えてくれるような枕に変えた事で、自然と仰向けで寝る事が多くなりました。

体の歪みを解消し、代謝をUP!ずれを解消し、血行改善、筋肉をほぐす事で、本来、体が持っている基礎代謝まで回復させます。部位的に見ても、歪みがあるポイントはむくみ易く、脂肪が付き易い状態になるのです。

骨盤は体全体を支えています。中心が崩れる事で体の色々な場所に影響を及ぼします。日常に潜む骨盤を歪ませてしまう動作を出来るだけ避け、ゆがみを直すエクササイズと共に日常生活を見直してみましょう。