やっぱりダイエットには運動が一番。「よし!やるぞ!」と決意したなら、アミノ酸で代謝を上げて、ダイエットをサポート。

知っていて損は無しの「必須アミノ酸」。

体で生成する事が出来ず、食べ物で補うしかなく、又、1種類でも欠けると重大な栄養障害を起こす事から、必須アミノ酸、または不可欠アミノ酸とも呼ばれています。その種類は9種類。

トリプトファン・スレオニン・ロイシン・イソロイシン・バリン・リジン・フェニルアラニン・メチオニン・ヒスチジン(ヒスチジンは体内で作られるのですが、急速な発育をする幼児の食事に欠かせないことから追加されました)です。

アミノ酸ダイエットは、運動前にアミノ酸を摂取する事で、筋肉アップ効果や脂肪分解酵素リパーゼの働きを活性化させることにあります。ダイエットの観点だけから見ても、必須アミノ酸にはそれぞれ違う働きがあります。

【必須アミノ酸の働き】

「トリプトファン」
神経伝達物質であるセロトニンやメラトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなど、ダイエットには欠かせない脂肪代謝を促進してくれるホルモンの生成に関係し、正常な精神を保ちます。

「スレオニン」
成長と新陳代謝を促し、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ 脂肪肝を予防します。また、コラーゲン合成時に材料として用いられるので美肌効果があります。

「ロイシン」
血管拡張作用や、筋肉を構成する役割があります。

「イソロイシン」
ロイシンと同じように血管の拡張作用があります。イソロイシンの最大の特徴は神経の働きを良くする事。そして、筋肉を焼却炉として使い、脂肪を燃焼させてくれます。ダイエットの際、運動などで疲労した筋肉の疲労回復にも効果的です。

「バリン」
窒素のバランスを調整しながら、イソロイシンと相反作用を行います。

「リジン」 タンパク質やカルシウムの吸収を促進させ、ブドウ糖の代謝や脂肪の分解に関係します。体の免疫力を高めてウィルスから身を守る効果もあります。

「フェニルアラニン」脳の機能を高める作用があると言われ、ドーパミンやエピネフリンなどの神経伝達ホルモンを生成します。

「メチオニン」肝臓での働きが主です。肝臓に入ってきた毒素や老廃物を排除し、代謝を促進させてくれます。

「ヒスチジン」成長に関するほか、シミやそばかす、ストレスの軽減や神経機能の向上などの効果もあります。

必須アミノ酸はどれか1つでも不足すると、他のアミノ酸の利用効率も低下してしまうので、肉類、魚類、卵、牛乳など各種のアミノ酸をバランスよく含んだ食品からとるようにしましょう。又、これらの動物性たんぱく質だけでなく、大豆製品、穀物などの植物性たんぱく質からも取るようにするのが理想です。サプリメントを使用するのも良いと思いますが、過剰摂取は逆に病気を招きます。

食事の内容を理解した上で不足分を補う程度に利用しましょう。

アミノ酸は運動と合わせてこそダイエットパワーを発揮します。筋肉を程よく付け、代謝アップを目指して、アミノ酸を上手に活用しましょう。