「夜の飲食は太る」と言われてます。活動が減るから。と言う理由の他にも、体の仕組みからも太る原因があるのです。

太る原因の一つに「夜は消化管の機能が高まって、消化・吸収が促進される」という事が挙げられます。夜、寝ている間にもエネルギーは消費されまが、寝ている間は食事を取れないので、エネルギーが不足しない様、寝る前の体は栄養素を体脂肪に変えて、少しでも吸収・保管しようとします。冬眠前のクマが沢山食べて栄養を取るのと同じです。

特にご飯、パン、麺類、イモ類などの主成分である炭水化物は体の中で糖に変わりエネルギー源となる栄養素です。なので、活動する時間帯に取る事は良い事ですが、夜遅い時間帯に食べる事は避けた方が良いと思います。特に就寝3時間前は食べない様します。理由は体内時計。

それなりに規則正しい生活を送っていれば、ほとんどの人は毎日だいたい同じくらいの時間帯に眠くなってきます。そして、寝る時間の3時間前位になると体の中でインスリンと言うホルモンの分泌が活発になり、糖を脂肪に変え易い状態になります。この時間帯に炭水化物を取ると、インスリンの働きで糖が脂肪に変えられて、太りやすくなってしまうのです。

又、夕食の時間が遅くなる程、昼と夜の食事の間隔が長くなり易い事も栄養の吸収が高まる原因になります。食事の間隔が長く続くと、身体はエネルギーを無駄使いしないよう、出来るだけ蓄えようと自衛策を講じるようになるのです。そうすると、食べた物を出来る限り体脂肪にまわすように働いてしまいます。

このような理由から、ダイエット中の夕食は早めに取ることが望ましいと思います。体に余計な脂肪を貯め込ませない為に必要な事なのです。

仕事の付き合いなどで、どうしても食べなければいけない時には「ガルシニア」や「キトサン」のサプリメントをお助け品として使うのも良いかと思います。これらのサプリメントは「飲めばいくら食べても太らない」物でもなければ、「飲めば痩せる」物でもありません。太るから絶対に食べてはいけない!と自分を追い込むくらいなら、サプリメントに手助けをしてもらい、ストレスを出来るだけ少ない状態でダイエットの継続を優先しましょう。

食べてすぐに寝ると太るからと言って、寝る時間を遅くしたのでは、睡眠不足になってしまいます。睡眠不足は、記憶力や意欲などに悪影響を与えるほか、ダイエットにも悪影響を及ぼしてしまいます。

勉強や仕事や育児、忙しい日常を送っている日本人にとって、時間に余裕のある生活とは「ぜいたく品」。忙しいのに、無理に生活リズムをずらしてまできっちり「3時間」を守り、体に余計な負担をかけるのは本末転倒です。

「出来る限りの努力」で良いのです。早めの食事を心掛ける事は、ダイエットにも、健康にも良い事です。体重が減るスピードは遅いですが、(私は1か月で1kg弱程の減少でした)ストレスが少なく出来るダイエット方法だと思います。ダイエット効果の他に、朝スッキリ起きれるようになります。そして何より朝ご飯がおいしいです。「3食」食べて、キレイに健康的にダイエットをしていきましょう!