痩せよう。と思う時、体重のみを考えてしまっては「きれい」には繋がりません。どんな体になりたくてダイエットを決意するのでしょう?

ガリガリでただ細いだけの棒のような体ではなく女性らしいからだを維持したうえで、スリムな体型を持ちたいものです。また、ガリガリよりかは健康的かもしれませんがボディビルダーのようなムキムキもまた違うでしょう。

食べないダイエットなどをしてしまうと、栄養不足を補うために筋肉までもが栄養素としてどんどん分解されて落ちてしまいます。中でも1番初めに落ちるのが胸の筋肉です。バスト周りの筋肉などが3kg減り、ウエストの脂肪がそのまま残る様な事になってはダイエットをしても意味がありません。

体重を減らしたからと言って、ウエストが細くなるとは限らないのです。

断食したり、吐いたりしていたら絶対きれいにはなれません。単に痩せる事を目的としたダイエットではなく、今よりきれいになれる為のダイエットをしましょう。

「今までダイエットを数々やっては見たけれど、成果が見られない、途中であきらめてしまう」と言う方は、まず過去を整理してみてはいかがでしょう。どんなに腹筋をやってもお腹の前に筋肉が付くだけでウエストはくびれませんし、極端な食事制限をすれば、痩せるのではなく筋肉が落ちたり、リバウンドしたりします。

考え込みすぎてしまうような性格の方が、毎日体重計に乗って体重を確認していれば、少しの増減でも気になる様になってしまい、ストレスになってしまいます。

自分にとって間違った努力をしている人は多いのではないでしょうか?

「昔は痩せていたのに」と言う方のほとんどが生活習慣や食習慣が崩れて、代謝が悪くなったことで太ってしまっているそうです。自分の生活を振り返り、まずは生活習慣の改善、そして栄養・食習慣の改善、最後にエクササイズと言うのが失敗しないダイエットへの道かと思います。

キレイな人は何かと得をしていると思います。素敵に見える人はとても幸せそうで、幸せを呼び込んでいるかの様です。そのような人はきっと、綺麗でいる事に努力を惜しまず、幸せであることで益々きれいになって行くのだと思います。負の感情は不幸せを、正の感情は幸せを呼び込むものなのでしょう。

生活習慣・食習慣を正し、気持ちも正す。明るく元気に前向きなダイエットが成功の秘訣です。