私の趣味の一つは読書です。この読書の時間を入浴中にしています(本はフニャフニャになってしまいますが)。私はこの時間が大好きで、1日の終わりのイベントの様になっています。

ぬるめのお湯を腰よりやや深めに入れて入る「半身浴」です。ミネラルウォーターが入ったペットボトルと文庫本を持ち、いざ、お風呂へ(※いまなら防水ケースにiPadなどの端末へ読書用のデータを格納しても良いですね)

温まり、少し汗が出始めたら、体と髪を洗い再び入浴。このまま20程は半身浴を続けています。もちろん水分補給はこまめに行います。バスタブからでて、一休みしてからまた「入浴&読書」。これを繰り返しながら、1時間~1時間半は入浴しています。インターバルは必ず必要です。のぼせない様にする為です。それに、休憩をはさんで行った方が汗がたくさん出て効果も高いような気がしますし、湯上りも長い時間体がポカポカで、脂肪を燃やす時間も長く引き伸ばしてくれます。

入浴によって副交感神経の働きが活発になり、全身がリラックス状態となります。そうすると、血管が拡張され血行がよくなり、老廃物の排出も促進されます。結果、サラサラの血液になるのです。

ラストは休憩から30分は入る様にしています。この時間に足をもみほぐしたり、アロマオイルをバスタブに数滴落として深呼吸してみたり、キャンドルを灯し、電気を消してみたりする事もあります。

そうすると湯上り肌は上気してピンク色。健康そのものの皮膚に生まれ変わったよう!肌にも弾力が出ます。そして驚くのが体重です。お風呂前に計った重さより約400gは軽くなります。

寝る前にもう一度水を飲み、水分補給してから寝ます。

朝1番に体重を測ると、昨日入浴前に計った体重よりも1kg減っている事もあります。

入浴時にしっかり汗をかき、血行がよくなると、新鮮な酸素や栄養が全身にめぐるようになり、身体に非常に良い事です。入浴しながらゆっくりと水分補給することで、腸から水分が吸収され、血管を通じて体の隅々まで水分が行き渡ります。そして、老廃物を流しきったおかげで、むくみもなく、スッキリとした気分で起きられる様になります。

じっとりとした汗が入浴中に出る様なら、体が疲れ、代謝が落ち、老廃物が貯まっている証拠です。サラサラの汗に変わるまで大量の汗をかき、太りにくい体を作りましょう!