「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」

これは2013年に国民栄誉賞を受賞した、愛称「ゴジラ」で有名な松井秀喜選手の母校、星稜高校野球部に掲げられている指導方針だそうです。私の大好きな言葉で、ダイエットもまさにこの言葉通りです。

「痩せたいけれど、どうやっても痩せられない」という方は多いと思います。自分の意識を変える事はとても大変な事です。けれど、誰にでも物事を成功させるレールがあるはずだと、思います。勉強やダイエットなどは自分でそのレールに乗る方法が分かるまでが難しく、乗ってしまえば、自然と結果は付いてくるものです。

ダイエットに関して言えば、そのレールとは「美しくありたい」と言う強い意志と、「美しくある為の食生活と運動を習慣化させる事」以外にはないのではないでしょうか?

自分の未来の為には、自分が決断と行動を起こさない限り、将来は変わりません。変わりたい!より良い自分になりたい!満足できる自分になりたい!と心から思う事で決断と行動を起こせるはずです。

その為に、将来のビジョンを明確にすることから始めてみてはいかがでしょうか?

自分がどういう人生を望んでいるのか、どんな自分になりたいのか。まず、自分が得意な事や好きな事を考え、自分自身を見つめる事が大事です。なぜ痩せたいのか、なぜ食べてしまうのか、どんなものを食べるから太るのか、など自分の性質を見つめ直してみて下さい。太っていることを認識し直す事が出来ます。太っていると、健康を害し寿命を縮め、辛い思いをしてしまったりと、得な事は何一つ無いはずです。

色々なダイエット方法を試みても、意識が低いままでは痩せられません。「こんな自分に私はなりたい!」と強く意識する事でダイエット成功のレールに乗る方法も見え、自然と自分を抑制できる様になり、体を動かす事も苦ではなくなって来ます。スタイルを維持できている人は、無意識のうちにこの意識が身についているからなのでしょう。

これからの人生、健康で美しくいたいと思うのならば、他の誰でもなく、自分で自分を管理しなければならないのです。