短期間でダイエットをしたいとなると、手っ取り早いのがお通じをよくすることだと思います。私は検査のために腸の中を一度全部出したことがありますが、体重はぐっと減りました。ただこれは薬の力を借りたので、薬の力を借りずに日常の生活の時から出せれるようにするのがポイントです。

特に女性は便秘の方が多く、溜め込んでしまっている方が多いです。便秘だと下腹がでてきますし、体重も増える一方…そして腸に長い間便があると健康にもよくありません。

そして実は自分の子供が便秘で一度病院にお世話になったことがあり、そこで便秘にいい食材を聞いてきて、色々アレンジして料理して今のところは便秘にならなくなりました。

それは一緒のものを食べている私もです。実は私も長い間便秘に悩まされていた一人で、下剤にも何度かお世話になったことがあります。でもこれでやっと薬から解放されました。個人差はあると思いますが、ご紹介させてください。

【ダイエット方法】
(1)朝起きたら冷たい水を飲む。

(2)みかん、プルーン、ヨーグルト、きなこ、バナナを食べる。

(3)ビフィズス菌を摂る。

朝起きたら冷たい水ではなく、本当は体温を上げるためには白湯がいいので、これは便秘で困っている時にしてください。便秘になっているということは腸の動きが鈍い時があります。

その時冷たい水を飲むことによって腸の動きをよくします。(2)の食べ物はよく便秘にいいと言われている食べ物で、特にみかんは便が固い時に柔らかくしてくれると教えてもらいました。便秘になるとどうしても水分を吸収して固いのが出やすいため、みかんはオススメとのことです。

ただし逆に下痢の時に食べてはいけません。ヨーグルトはおやつ感覚でも食べれます。ヨーグルトにきなこをかけたり、プルーンを混ぜたりしても美味しいです。最後にビフィズス菌ですが、ヨーグルトなどでビフィズス菌入りと記載がありますが、腸まで届くビフィズス菌でないと意味がありません。ビフィズス菌は胃酸などで腸まで届かないものもあるので注意して購入をしてください。

食べたものを毎日出すというのはダイエットにも健康にもいいことです。短期でダイエットをしたいなら尚更出すことから考えましょう。