お腹の脂肪って本当になかなか取れませんよね。座った時に少しづつウェスト部分の所に脂肪が乗ってくるので、ああ、ヤバイなと思うのですが、一番ヤバイなと思ったのは体育座りの時です。お腹の脂肪が邪魔で体育座りができないのです。この時は本当にこのままではいけないと思いました。

そこで1日10分のエクササイズ中に腹巻をして行うことにしました!

腹巻は実はあまりいいイメージがなくて、妊娠するまでしたことはなかったのですが、今では可愛いデザインもたくさんありますし、何より腹巻をするとお腹だけでなく全身がポカポカと温かくなってきます。たった10分のエクササイズでも代謝がよくなっているように感じます。

【準備するもの】
・腹巻

可愛いデザインなどの方が気分が上がるかもしれません。また、普段から使いたいという方は薄い生地のもありますし、温かさ重視の方はウールなどもあるので、自分の理想に合う腹巻を探してみてください。

【ダイエット方法】
(1)腹巻をする。

(2)一分間お腹小刻みに力を入れる。自然と声が出るくらいです。

(3)右足をお腹の方へ持ち上げ、左腕の肘を右膝に近づける。

(4)逆の足もやり一分間続ける。

(5)一分間したらまた2番の動作をする。

お腹に力をいれて腹式呼吸することによって前方のお腹を、ツイストの動きによってお腹の横の贅肉のエクササイズをしています。激しい動きでもないですが、腹巻をすることによって血流がよくなって汗がでてきたりします。

ダイエットにももちろんいいですが、女性はお腹周りはあまり冷やさない方がいいです。元々女性は冷え性ですし、子供が欲しくなったときは温めた方がホルモンのためにもいいです。

また、体全体の血流もよくなるので、代謝も上がりやせやすい体質になります。冷えは万病のもとという言葉がありますので、体を冷やさないためにも夏でも女性は腹巻をした方がいいそうです。近年ではエアコンをつけて寝る方も多いかと思います。腹巻をしてお腹を温めましょう。