つい最近の主人のダイエット話です。

仕事中の昼休み時間に見ると言う、ある「置き換えダイエット食品」をどうしても試してみたいと言いだし、1か月程前から始めていました。置き換えダイエットとは普段1日3回の食事のうち1~2回をダイエット食品に置き換えて行うダイエット方法です。置き換えダイエット食品は低カロリー、且つ、満腹感や摂取栄養素が豊富です。

中年太りが始まり、健康が気になる今日、この頃。ダイエットする気になってくれたのなら試してみようと思い、主人一押しの「置き換えダイエット食品」を購入しました。それは、シェイクタイプの飲料で、仕事にはそれだけを持って行き、昼食1食分を置き換え、お昼はそれだけで過ごしていた様です。

主人の太った原因で一番大きいのは「スナック菓子」です。酷い時は昼食の代わりに食べ、夕食後にも食べ、合計1日に3~5袋も食べている時もあるようでした。それを無くせば痩せるのは当たり前です。

低カロリーのダイエット食品を利用し、ダイエットをしていると言う意識を持った事で、スナック菓子を食べる事が無くなりました。さらに、昼食に置き換えダイエット食品を利用したことで、3日で1kg減ったそうです。

主人にとって、スナック菓子はストレス発散方法の一つでした。それをきっぱり止め、その上空腹にも耐えると言う事には初めからハードルが高すぎたのです。1か月分購入した「置き換えダイエット食品」はまだ半分残っています。

10日ほどで限界を向かえ、昼食はご飯を食べる様になりました。気が向くと、「今日は持っていく」と言い、置き換えダイエット食品を持っていくこともありますが、時期に忘れてしまう事でしょう。

「何が嫌になっちゃったの?」と聞くと、「味が好みじゃない、薄いんだ」と言っていました。初めは「想像してたのよりおいしい」と言っていたのに。結果的に「飽きた」のだと思います。置き換えダイエットもそれなりの我慢が必要です。

まるまる1食分置き換えるのではなく、ご飯の量を少なくして、置き換えダイエット食品を取り入れても良いのかもしれません。少しでも食べれれば、それなりに、満足できるものです。

ただ、金銭的にも負担が大きいので、ずっと続けるにはそれなりの覚悟をしてから始めると良いと思います。金銭の重みがダイエット継続への助けになる事もあると思うので、そういった方には向いているダイエット方かもしれません。

人気がり、効果が大きいダイエット方法でも、向き不向きが一番大切です。主人にも自分に合ったダイエット方法が早く訪れる事を願うばかりです。